乃木坂46帰り道は遠回りしたくなる センターを遠藤さくらさんが務めたことについて CDTVクリスマス音楽祭2019

どうも、あなたの坂道管理人です。

イーガールズが解散を発表しましたね。
グループを長く存続させるというのは、
難しいなあと改めて感じました。

ということで、
なんかいつもとテイストが違う感じになりまして、

みなさんの求めているものと多分違う、

感じになりましたが、
お時間がある方は、

お付き合いのほどよろしくお願いします。

というのも、
乃木坂46のカウントダウンTVクリスマス音楽祭での
帰り道は遠回りしたくなる。

この曲のセンターを4期生の遠藤さくらさんが務められました。

これには、
かなりのファンから賛否両論が巻き起こっていました。

後から、知ったんですが、

このパフォーマンス後に、

遠藤さんは泣いていたようです。

遠藤さん自身もこの曲で、

センターを務めることに相当なプレッシャーがあったんじゃないか?

ということは想像に難くないと思います。

そんなまだ、未成年の方を

叩きまくるっていうのは、もしこれを本人がみたら、

どれだけ心に傷がつくか、

これは考えるまでもないですが、

エゴサーチとかはしないで欲しいですね。

で、
女性グループ、
特にアイドルグループの平均寿命は短いなあと。

短いっていうのは、
データをパッと出せよ言われれば、
示せませんが、
例えば、
ジャニーズと比べたら、
短いという印象はありますよね。

長く続いている女性アイドルグループを思い浮かべると、
モーニング娘。さんが思い浮かびますが、
モーニングさんは、
初期のメンバーはもう誰もおらず、
メンバーがどんどん変わって存続しています。

つまり、
乃木坂46を長く存続させるためには、
新陳代謝が必要だとは思いませんか?

経営している側からすると、
ぶっちゃけ、こんだけCDが売れない時代で、
アイドルが一人勝ちの状態。
長く続いて欲しいと思うはずなわけなんです。

ですが、
僕たちは、
単推しという言葉がある通り、
個々のメンバーへの想いというのが、
何よりも強い。
というのが、アイドルファンの特徴だったりもします。

そんな想い入れの強いメンバーが、
いなくなった曲を新しいメンバーが務めるというのは、
納得いかないというのは当然の反応とも言えます。

ただ、
人は慣れる生き物で、
あんなにいらないといわれていた
合同オーディションメンバーも
受け入れる方が時間と共に多くなっています。

まだ、乃木坂46でいうと、
2期を認めていないという方もいますが、
それはそれで、
一期への人一倍強い想いがあるんだなあ、
というのがわかります。

ただ、
繰り返しますが、
運営というのは、
古参ファンを大切にしつつ、
新たなファンを獲得しないと、
存続できないという現実があります。

西野七瀬さんが抜けたりと、
一期生が次々と卒業して行っている今の乃木坂は、
ちょうど新陳代謝の真っ只中ともいえます。

長く存続を願うのであれば必要なこととも言えると思います。

ただ、何か新しいことをすると、
人というのは、すんなり受け入れることは、
難しく反発するものだ。

そんなことを思わさせられました。

なので、

白石麻衣さんが卒業しても、

大丈夫な状態にしたいというのが、

運営が考えていることなのではないかと、

勝手に思っていました。

だいたい、予想は外れてます。

このことに関して、

管理人が運営しているYouTubeチャンネルの方でも、

動画を出したんですが、

肯定的な意見が多かったですね。

 

メンタリストDaigoさんがアンチは全体の数%と仰っていたので、

サイレントマジョリティーじゃないですけど、

マイノリティーの方の方が声を大にして批判なりするので、

目立ってるんですよね。

実際は、

そんなことはないのに、

ただ、ファンになってしまうと、

批判の声が大きいとそちらに目がいってしまいます。

 

最後まで、読んでくれた方ありがとうございました。

P.S

2020/3/30日でのCDTVライブライブでの

遠藤さんセンターでの

帰り道は遠回りしたくなるは

批判はほとんど無かったように思いますね。

遠藤さんは寒いから震えてたみたいなコメントもみられましたが、

それもあるとは思うのですが、

個人的にはかなりのプレッシャーを感じていたんじゃないかと思います。

 

本当に新しいものは受け入れられないのが日本人の性なのか、

人間の性なのか。っていう感じですね、

そんな遠藤さんを含む4期生の初ドラマ『サムのこと』を見るには

dTVで

国内ドラマ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。