日向坂46 4thシングル『ソンナコトナイヨ』のフォーメーションについて思うコト

どうも、あなたの坂道管理人です。

日向坂46が11日、

「SDGs 推進 TGC しずおか 2020 by TOKYO GIRLS COLLECTION」

(TGC しずおか 2020)のアーティストライブで、

一曲目のドレミソラシドを披露後、

いきなり新曲の

「青春の馬」を初披露しました。

この曲が日本テレビのドラマ『DASADA』主題歌だということも判明。

ソンナコトナイヨのフォーメーション

そして、12日の深夜、

日向坂で会いましょうの中で、

4枚目シングル『ソンナコトナイヨ』のフォーメーションが発表された。

フォーメーションは、

青春の馬のフォーメーションと同じでした。

kykzk089128

 

 
 
動画バージョンはこちら

ファンの反応は?

・めいめいが初フロント嬉しい

・おすし推されてるなー

・みーぱん三列目って・・・

・潮とパリピ が2列目嬉しい

・小坂センターは固定か・・・

・かとしときょんこのフロントも固定なの?

などなど、他にも色々あったんですが、

だいたい私が見た印象を大まかに分けると、

こんな感じの意見が多いなという感じでした。

フォーメーションについてメンバーはどう思っているのか?

あーだこーだ言っても、
実際、メンバーがどう思ってるのか?ということが重要なんじゃないかなと思ってまして、
今回、初めて2列目になった富田さんと、
日向になってからは初の2列目になった潮さんが、
その気持ちをブログに綴ってくれました。
 
富田さんのブログ
潮さんのブログ
 
そこには、
自分のポジションに関しての葛藤や、
自分の居場所についてなど、
リアルな気持ちが書かれていました。
 
他人と自分とを比べるなってわかっているけど、
現実問題、
中々、そんな簡単にできないですよね?
 

管理人が思うこと

フォーメーションって、
ちょっとデリケートな問題なので、
ツッコミづらいんですが、
 
まずは、
濱岸さん、
復帰してくれてありがとうございます。
 
井口さん・・・って感じです。
 
また、ファンの方は、
どのポジションだって応援するって方が多いと思います。
 
ただ、メンバーにとってポジションというのは、
本当に重要なんだなと、
改めて感じさせられました。
 
そして、
残酷な話、
潮さんのブログの中にもありましたが、
誰かが喜べば悲しむ人がいて喜ぶ人がいれば悲しむ人がいると思います。

これは、

綺麗事ではなく揺るがない現実であって、

これからもこのフォーメーションというのは、

ついて回っていきます。

さらに、

残酷な現実として、

欅みたいに、

いつか日向坂だって選抜になる可能性はあると思います。

だからこそ、

自分の状況についてどう捉えるのかが人生において、

重要なんじゃないかと思います。

 

また、たぶん追記します。

それでは。

P・S

あと、
佐々木美玲さん、渡邉美穂さん、松田好花さん、
成人おめでとうございます。
 
この3人が同い年っていうのは、
違和感ありますね。

日向坂46です。ちょっといいですか?

を見るなら、

ひかりTVか

dTVで

国内ドラマ

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。